HP制作

「安全ではありません」御社のHPこんな表示はされていませんか?


 「安全ではありません」と表示されるのは、URLが「http://」から始まるサイトです。そもそもURLには、「http://」から始まるものと「https://」から始まるものがあり、現在の主流は、「https://」です。

「https://」のサイトはSSLやTLSなどのデータ暗号化技術で保護されており、通信内容を外部から読み取ることはできないようになっています。「https://」のサイトでは、画像や文章をスマホに読み込んだり、逆に住所やパスワードなどの個人情報を送信する際、第三者にやりとりが覗き見されないよう暗号化によって安全に処理されていると言うことです。

一方で「http://」のサイトは、暗号化技術で保護されておらず、悪意のあるクラッカーによって内容を抜き取られたり、書き換えられたりしてしまうリスクがあります。つまりこの警告は、「暗号化技術で保護されていないサイトですよ 」という意味になります。

暗号化されていないサイトのリスク


では、データが暗号化されていないと、どのようなリスクがあるのでしょうか。

情報漏洩のリスク

ネットショッピングを行う場合、名前や住所、クレジットカードといった個人情報を入力した際に、データが暗号化されていないと、第三者の攻撃によってこれらの情報が漏洩し、悪用されてしまう恐れがある。会員サイトへの登録やログイン、宿泊施設のウェブ予約なども同様です。

閲覧内容の改ざんや、ウイルス感染のリスク

サイトの内容を改ざんし、本来とは異なる情報をユーザーに閲覧させる手口もある。これにより金融機関などを装った偽サイトへと誘導し、そこで個人情報を入力させる「フィッシング詐欺」も横行しているので注意が必要です。その他、閲覧したユーザーの端末にウイルスがダウンロードされる危険性も存在します。

過去に作ったサイトがそのままになっていませんか


以前のままだとhttp://サイトであることが多いため、https://サイトに作り直すことをお勧めします。
また現在スマホが普及し全ての情報をWEBを通して入手することが当たり前になった今、情報の更新頻度をあげることが集客へとつながります。この機会にぜひ当社にご依頼ください。補助金を使用してHPを作成いたします。代行料は0円で行いますので、ぜひご依頼ください。

まかせて安心3つの強み


どこに頼んでいいかわからない

まかせて安心
広島を中心に、当社ならお伺いして素材の撮影からさせていただきます。
HPは素材の命。
プロのカメラマンにお任せください。

企業カラーが出たものを製作したい

ヒアリングを行い、企業ごとにぴったりのHPを製作します

作成後うまく運用できるか不安

当社では作成後の運用サポートシステムがあります。保守点検から更新までお任せください。

TOP